普段お世話になっている大切な方に対して、贈り物を通じて感謝の気持ちを伝えていくと同時に、夏の間のご挨拶をするいう日本が世界に誇る伝統的な習慣が、お中元です。

人と人とのつながりを大切にするおもてなしの心は、本当に素晴らしいですね。

しかし、近年では、お中元を贈る方が少なくなってきているという少し寂しい傾向もみられるようです。

そんな時代だからこそ、わざわざ贈るお中元は儀礼的や形式的なものではなく、本当の意味で日々の感謝や気持ちを伝えられるものになってきているのではないでしょうか?

ぜひ、感謝が伝わる、お相手に本当に喜ばれるアイテムを選びたいものです。

お相手に喜ばれるようなお中元ギフトということで、お相手の立場に立ってお中元の贈り物を見ていきたいと思います。

目次

お相手が喜ぶお中元のギフトとは

義父母へのお中元はどうしてる?

お相手が喜ぶお中元のギフトとは

“お中元”

贈る側ではなく、視点を贈られる側に移してみると、また違った風景が見えてくるものです。

中には、少し意外な結果も。例えば、以前は、お中元の定番品とされていたビールですが、最近はその地位も低下気味だという風潮があるようなのです。

しかし、そんな中でも、プレミアムビールなど普段自分では買わないような少し贅沢なビールは、まだまだお中元の品物として喜ばれるようですよ。

時代の流れによって求められるものも違ってくる典型例だといえるでしょう。

最近、注目されているギフトは何かといえば、ズバリ、カタログギフトであるようです。

お相手が状況やニーズによって好きな品物を選ぶことのできるカタログギフトは、高い人気を維持しているようです。

その他では、レア感と高級感というのが人気商品のキーワードになっている模様です。

普段とは違った何かを求める傾向にあるのもうなずけるところでしょう。

義父母へのお中元はどうしてる?

“お中元”

ちなみに、ここから番外編です。意外と贈り物選びに悩むとされていたのが、夫婦双方の実家へのお中元をどうするかということなのです。

この点、義父母に共通する好みをリサーチして品物を選んでいるようですよ。

悩むくらいなら、直接聞いてしまった方がいいかも?しれませんね。