日本では、さまざまな場面で贈り物をするという素晴らしい文化が根付いている「おもてなし」と「気遣い」の国ですね。

それは、プライベートにおいてだけではなく、ビジネス上の関係においても同様です。

今回のこのコラムでは、ビジネスでお付き合いしている取引先の移転があった場合について、考えていきたいと思います。

取引先の移転があった場合のお祝いの品といったら、どんな物をお贈りすればいいのでしょうか?

目次

ぶっちぎりの定番は花と観葉植物

最近はやりのカタログギフトも選択肢に

ぶっちぎりの定番は花と観葉植物

“転居祝い”

取引先の移転のお祝いとして贈る定番の品といえば、やはり花と観葉植物です。

お相手の趣味を問わない万能選手といっても過言ではない贈り物ですし、飾る場所に明るい雰囲気を醸し出してくれるので、新しい事務所や事業所のスタートを祝い品物としてぴったりなのです。

次の問題となるのが、どのような種類の花や観葉植物をチョイスしたらいいのかといった点です。

この点、お相手の移転先が広い受付ロビーがあるようなオフィスなら、スタンド付きのアレンジフラワー、おそらくはオフィス内に飾ることになりそうだという見立てができるなら、机や棚の上に置くことができる胡蝶蘭やフラワーアレンジメント、また床に直接置くことができる観葉植物などもオススメです。

また、さらに最近注目されているのが、水替えや水やりなしで鮮やかな色や見た目の鮮度を保てる「プリザーブドフラワー」や、場所をとらない壁掛けタイプのグリーンです。

贈られた側も、花などの生ものですと何かと気を使いますので、贈る側のこうした気遣いは特に喜ばれ感謝されるでしょう。

最近はやりのカタログギフトも選択肢に

“転居祝い”

可能であれば、お相手に何か必要なアイテムがないか、具体的なリクエストやアドバイスをもらうこともいいでしょう。

しかし、取引先に何が欲しいかなどと伺うのも失礼に当たる場合も考えられますよね。

そんな場合は、カタログギフトで選べる移転祝いをお贈りするのも良いアイディアでしょう。

最近は、カタログギフトもいろいろな進化を遂げているようです。